ハシモッコリブログ(ゲームアプリ紹介)

スマートホン向けゲームアプリを新旧問わず紹介したり、イベント・コラボ情報や売り上げランキングやプレイ日記なんかも書いていくブログです。今はドールズフロントライン、アークナイツの情報を集中的に集めてます。エンジョイ・ゲーム生活を!

star 人気RSS

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」ドルフロが「ガンスリ」とコラボするようです!

time 2020/01/12

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」ドルフロが「ガンスリ」とコラボするようです!

指揮官に朗報!

ドールズフロントラインがガンスリンガー・ガールとコラボをするようです!

詳細はまだ出ていないです、ヴァルハラコラボをみるに中国サーバーの1.2カ月後に日本サーバーでも開催する感じだと思います。

世界観は「戦術人形」と「身体を改造した少女の殺し屋」で似ている部分はあります。
ガンスリは登場人物は散々な目にあってますが最後は希望がある終わり方をしています、ドルフロはグリフィンは普段はのほほんとしていますが世界観的にグリフィン、鉄血関係ないところで人類が詰んでるので似てるようで似てないですね。
コラボのストーリーはどうなるんでしょうか。

ジャコモというキャラは良い適役をしていたので、出てきてほしいです。

ガンスリンガー・ガールとは?

『GUNSLINGER GIRL』(ガンスリンガー・ガール)は、アスキー・メディアワークスの雑誌『月刊コミック電撃大王』に連載された、相田裕の漫画。または、これを原作とするテレビアニメ・ドラマCD・コンピュータゲーム作品。略称ガンスリ。

概要
イタリアを舞台に、「身体を改造した少女の殺し屋」を運用する対テロ機関「社会福祉公社」と、犯罪やテロによってイタリアを恐怖に陥れるテロリスト集団「五共和国派」との戦いを軸にしたガンアクション漫画。その舞台に合わせて、劇中にはヨーロッパ製の銃(SIG、ファブリックナショナルなど)や車両が多数登場する。

相田裕が自分の個人誌『JEWELBOX』で「GUN SLINGER GIRL」(当時のタイトルは“GUN”と“SLINGER”の間にスペースが入っている)として発表。その後、商業誌に場を移し連載。2012年12月15日発刊の単行本第15巻で完結し、アスキー・メディアワークスの「DENGEKI COMICS」レーベルから刊行されている。掲載誌『電撃大王』は、いわゆる萌え系の漫画誌であり、当作品も美少女が重要な役回りを果たす。しかし、美少女本人や、周囲の人々の様々な思いや信念を丹念に描いたり、現代のイタリアが抱える社会問題をフィクションを取り混ぜつつも深く扱うことによって、ストーリーに奥行きがもたらされている。第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門にて優秀賞を受賞した[2]。

2003年に第1期のテレビアニメ化され、同年10月から翌年2月にかけて全13話がフジテレビ・CSで放映された。原作の2巻までのエピソードの順番を並び替え、エルザが登場するオリジナルエピソードを組み合わせ、一部改変を除いてコミック本編と整合性の取れた物語になっている。同時期にPlayStation 2用のゲームソフトが全3部作で発売され、アニメのDVD-Videoはその特典として同梱された(1巻には5話分、2,3巻には4話分ずつ収録)。後にアニメ単体のDVD-BOXも発売された。テレビアニメ第2期は2008年1月から3月にかけて全13話が放送された。同作では「ピノッキオ」編からのストーリーが描かれ、DVD-Videoとして販売も行われた。2008年10月に第2期の14・15話に相当するOVAが発売され、原作の28、29話が描かれた。

Wikiより引用

アニメは(未視聴)あまり評判がよろしくないです。

ヘンリエッタ衣装の「P90」の実装よろしくお願いします!
今から楽しみです。(*´▽`*)

star 人気RSS

down

コメントする




カテゴリー

アーカイブ

にほんブログ村 ゲームブログへ



アークナイツ

アークナイツ

Yostar, Inc.posted withアプリーチ